会社概要

会社名 バイオマテックジャパン株式会社
英文社名 Biomatec Japan,Inc.
設立 平成18年5月
所在地 北海道釧路市新野24-1056(釧白工業団地)
電話 0154-68-4444
FAX 0154-68-4445
資本金 6000万円
代表取締役 工藤義昭
事業内容 動物・植物由来の蛋白質、脂質、糖質及びそれらの複合体の生産及び販売

高純度&ナチュラル「プロテオグリカン」開発の歩み

1998年7月
株式会社角弘の社員として弘前大学医学部とともにプロテオグリカン量産化研究に着手。
当時のプロテオグリカン試薬1gあたりの抽出コスト販売価格は、約3,300万円。
2003年3月
サケの鼻軟骨よりプロテオグリカンを抽出しする量産化技術を確立【2005年特許取得(酢酸抽出法)】。
1gあたりの抽出コストを100分の1以下に下げるたものの、販売価格はまだ1g約30万円。
2005年2月
製品化のためにはさらに300分の1までのコストダウンが必要であったため株式会社角弘がプロテオグリカン事業撤退を決定。
量産化の夢を諦めきれず、私財をつぎ込み独自の研究をスタート。
2005年11月
1,000回以上の実験を繰り返し、研究資金が底をつく寸前の最後の実験で、プロテオグリカンのアルカリ抽出法を発明。
コスト面はもちろん、ヒアルロン酸が結合した-本来あるべき構造を保持している状態であること、純度90%以上であることなど、求めていた理想のプロテオグリカンの抽出に成功。
2006年2月
日本国特許出願。
2007年2月
国際特許出願。
2008年11月
日本国特許第4219974号成立。
2008年12月
北海道洞爺湖サミット協力(プロテオグリカン展示)に対して北海道知事より感謝状受領。
2009年11月
北海道新技術・新製品開発賞受賞。
2010年10月
ロシア特許第2401839号成立。
2011年9月
ハラール認証取得。
2012年2月
第4回ものづくり日本大賞「内閣総理大臣賞」受賞。
2012年4月
米国特許第8,153,769号成立。
2012年10月
発明協会より発明表彰「中小企業庁長官奨励賞」受賞。
2012年10月
IMF・世界銀行年次総会(東京)において、当社プロテオグリカンが、日本を代表する技術成果として、各国首脳、海外マスコミ各社に紹介。
2013年8月
欧州特許第1985623号成立(イギリス、フランス、ドイツ及びスペインに登録)。
2016年6月
インド特許273609号成立。

高純度かつナチュラルなプロテオグリカンを通じて、
世界中の人々の美と健康、若々しい毎日に貢献できること。
それが私たちの誇りであり大いなる喜びです。

バイオマテックジャパン株式会社
工藤義昭